BORDERS

芸術はただの娯楽ではない。創造することは生命と直結しているからだ。

自然や災害といった圧倒的な現実の前では、「芸術」の抽象性やコンセプトはそれだけでは

無力です。

 

とはいえ現実的に困窮した環境や、「芸術」の文脈がない場所であっても、新たな発想や気づきは必要でしょう。

創造すること自体は個人の趣味の範囲ではないはず。

 

「芸術」だと信じて行う活動が真に創造的であるなら、どのような状況や環境であっても、そこにしかない何かであったり、既成概念の外部への視点や気づきを生み出すものなのではないでしょうか。

 

「Borders」では国の景勝地にも指定されている「瀞峡」を中心「作品制作」「レジデンスプログラム」「出版」「情報発信」「リサーチ」「デザイン」「ワークショップ」「イベント」「観光事業」などの活動を展開します。

 

県境で区切られながらも、そこで暮らす人々の暮らしには境目は存在しない。

特殊な「境界・境域」に対する感覚を持つ地で「創造すること」と「芸術であること」を実際の実践や経験の中で考察していければと考えています。

 

例えるなら、

難解な哲学者が、高尚な芸術家が、考えるより前にあったはずの圧倒的な自然存在との直感的な

出会いのときのような。

 

 

EN

publish

project

event

residency

contact